例えば、テニスの試合で審判の判定に対して異議を申し立てることを”チャレンジ”と言いますが、このニュアンスが正しい用法です。