TOMO〜NI Business English Centre 大阪府守口・門真エリアのビジネス英会話スクール

COLUMN

JT

“英語の達人への道 : Episode #20” 書籍紹介: 「ついつい出ちゃう!日本人のかんちがい英語」

 

今回紹介する本は、これまで日本人が学校で学んだ英語フレーズをそのままネイティブに使うのは大変危険ということを教えてくれる、ゲーリー・スコット・ファイン先生の、「ついつい出ちゃう!日本人のかんちがい英語」(高橋書店)です。

 

 

 

著者のゲーリー・スコット・ファインさんは米オレゴン州出身で、現在は東海大学教養教育センターの教授です。また、NHK Eテレ「ニュースで英会話」出演や、英語教育に関する多くの書籍を執筆し日本人の英語習得サポートのために幅広く活躍されています。

アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれ、アメリカで育ったゲーリーさんが、日本人が話す英語で不思議に思ったこれまでの実体験をベースに執筆された本です。

 

 

言われて気が付く勘違い英語フレーズの数々

 

この本は英語の基本を楽しく学びたいという方や、自分の英語に対する理解が本当に正しいのかをチェックするのにピッタリな本です。

日本人が学校で学んできた英語を状況を正しく理解しないで使用すると、ネイティブの方には全く違ったニュアンスで伝わり相手を困らせてしまいます。このような日本人の「かんちがい英語フレーズ」を、Daily Scene、Business Scene、Travel Scene、Romance Sceneの4つの場面に分けて50個を紹介をしてくれます。

4つほどサンプルをご紹介します。

 

1⃣ What’s your name?

この本で最初に紹介されるフレーズは、“ What’s your name?”です。

中学1年生の英語の授業のとき、「お名前は何ですか?」と聞きたい時に使うフレーズとして習った基本中の基本のこのフレーズ、我々日本人には完全に染みついていますよね。

ところがフレーズはネイティブの感覚では「お前の名は何だ?」というような上目目線でこわ~いニュアンスに聞こえるそうです。

英語を深く勉強されている方なら親しくない相手に名前を聞く際には、” May I have your name?“使いますよね。

 

2⃣ What’s your job?

相手に仕事を訪ねる時に、” What’s your job?”使いませんか? 

これもネイティブ的には単刀直入すぎて「お前の仕事はなにか?」という失礼なニュアンスになるようです。職業を聞く決まり文句は” What do you do?”が決まり文句です。

それ以外にも、” What kind of work do you do?”” Where do you work?” なども使えます。

 

3⃣ Do you understand?

相手に説明をした後に理解したかどうか確認する際に、” Do you understand?” を使いませんか?

このフレーズを使う場合は「分かってんの?」というこれもちょっと失礼なニュアンスになります。

この場合は、” Do you have any questions?”や、” Is everything clear?”がベストマッチです。

 

4⃣ I’m waiting for your reply.

ビジネス関連での例ですが、お客様とのメール等のやり取りで、「お返事お待ちしております」と言いたい時、” I’m waiting for your reply.” 使いことありませんか?

I’m waiting for… には「・・・が遅いです」「・・・を待たされています」というニュアンスがあり、返事を催促していると解釈されることもしばしばあります。

日本語の「お返事お待ちしています」としたい場合、”I look forward to hearing from you soon.” となります。

 

 

“日本人にとって日本語は母国語ではありません。だから英語をネイティブのように話さないのはごくごく当たり前のこと。でも相手を困らせたり誤解されたりするような爆弾発言は控えたいものですよね。この本で紹介する「かんちがい英語」を取り除いて英語のキャッチボールを楽しんでください。”とゲーリーさんは仰ってます。

 

 

また、この本の中で紹介されているフレーズのニュアンスをより分かり易くしてくれるのが、独特のタッチが魅力的な栗生ゑいこさんのイラストです。

このイラストのお陰でニュアンスの違いがたいへん良く理解できます。

栗原さんのプロフィールはこちらです。

 

 

 

 

またこの本の中で、各フレーズごとに紹介される模範的ダイアログでは、アメリカンジョークの感性を磨くのにも役立ちそうです。(私は結構ハマりまりました!)

 

GW連休中や週末にコーヒーでも飲みながら、ご自身の英語かんちがい度をチェックしてみてください。

 

高橋書店さんの「ついつい出ちゃう!日本人のかんちがい英語」のサイトは下記の通りです。

またサイトでは試し読みもできますので興味のある方是非ご覧ください。

 

 

 

<今日のビジネスで使えることわざ>

“備えあれば憂いなし”

「Better safe than sorry.」

 

JT

CONTACT US

お電話・Webフォームから
お気軽にお問い合わせください!

無料体験レッスン 個人向け お問い合わせ 企業向け お問い合わせ