TOMO〜NI Business English Centre 大阪府守口・門真エリアのビジネス英会話スクール

COLUMN

JT

“英語の達人への道 : Episode #11” 書籍紹介: 「あぶない英語」 岩田雅彦(幻冬舎)

 

 

前回のEpisodeではPolitical Correctness: PC、ポリコレについてご紹介しましたが、今回と次回の2回のEpisodeではポリコレにも非常に関係が深く、最近仕事現場でも気になる話題でもあるパワハラセクハラについて取り上げます。

 

今回のEpisodeでは私が最近読んだ英語関連の本で、ポリコレパワハラセクハラについて本当に役に立つ情報満載の本を紹介します。

 

それは大学の英語教師であり、ご自身でもグローバルなビジネスを営んでいる岩田 雅彦さんが、これまでのビジネス経験と欧米の最新情報をベースに2020年3月に執筆された、 

 

「あぶない英語」(幻冬舎)です。 

 

 

岩田 雅彦さん プロフィールをご紹介します!

 

現在は大阪府立大学非常勤講師、近畿大学非常勤講師をされながら、大学で採用される一般教養英語教科書の常連執筆者です。

 

イギリスの大学院と大阪大学大学院医学系研究科で公共衛生学を学び、その後は医学関連およびIT関連の会社を経営するビジネスパーソンとしても幅広く活躍をされています。

 

この本では様々なビジネスシーンの中で、”品格のある、品格のない、中立”のそれぞれの英語表現について解説してくれます。

 

また現代社会の常識が大きく変わる中で、特に欧米を中心にポリコレの流れが深いところで英語表現を大きく変え始めていて、

 

その流れの中でビジネスシーンで「聞いてはいけない質問」「パワハラになる話題」「炎上しかけない表現」について、

 

無防備な日本人に危機管理のポイントを懇切丁寧に伝授してくれます。

 

 

本の構成は下記のようになっています。

 

第1章:品格のない英会話を学ぼう

 

第2章:Fuckの上手な使い方

 

第3章:パワハラな英会話

 

第4章:セクハラな英会話

 

各章で自らが普段使うことがなくても、知っておいて損のない英単語や英語表現を詳細に説明してくれます。

 

その代表的な単語として”fuck”について1章を割いて説明してくれています。

 

”fuckという単語についても、通常使ってはいけない表現をしっかり勉強することにより、パワハラ、セクハラに対する危機管理が徹底できる”と岩田さんは仰っています。

 

その通りですね。

 

 

ところで、日本でも遅まきながら、2020年6月からパワハラ防止法が施行されました。

 

中小企業でも2022年4月から対象となります。

 

皆さんの会社でもパワハラ、セクハラに関連するセミナーが人事部門主催で開催され、その理解推進に力を入れていると思います。

 

 

しかし、特に将来海外赴任の予定がある方や希望されている方、また日頃海外の企業とコミュニケーションを行う機会のある方は、日本人の想像を超える厳しい海外環境でのパワハラセクハラ訴訟事例をこの本で学ぶことで、もう一段高いグローバルレベルのポリコレパワハラセクハラへの理解を深めて欲しいと思います。

 

 

特に、訴訟大国アメリカで働く機会のある方々は特に注意が必要です。

 

ご存じかも知れませんが、1996年にアメリカ三菱自動車の元女性従業員が会社幹部を相手取りセクハラ訴訟を起こしました。

 

その後1998年に三菱自動車は340万ドル(当時換算レート約49億円)を支払い元女性従業員と和解をしています。 

 

ここまでの大きな訴訟にならないまでも、その当時日本企業をターゲットにしたセクハラ訴訟は後を絶ちませんでした。

 

1990年代に私がアメリカに駐在をしていた時にも、同じ会社の日本人駐在員の多くが元現地社員部下からパワハラ、セクハラで提訴されていました。

 

当時の日本人社会では全く問題にならなかった”軽率な一言”で訴訟となり、裁判に出廷しなければならないことになりました。

 

 

ところで、あとがきに記された岩田さんの言葉が本当に印象的でした。

 

”この本を執筆するにあたり、編集長と日本で1番”fuck”の単語が出てくるこれまでにない英語教養本を作ることを目指しました!”

 

学校の教科書では絶対に学ぶことのできない生きた英語がこの本には溢れていて、その内容の濃さに完全に圧倒されました!

 

私が推薦するビジネスパーソン必読書の1つです。

 

 

 

<今日のビジネスで使えることわざ>

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥“

「Better to ask the way than go astray.」

 

JT

 

CONTACT US

お電話・Webフォームから
お気軽にお問い合わせください!

無料体験レッスン 個人向け お問い合わせ 企業向け お問い合わせ