TOMO〜NI Business English Centre 大阪府守口・門真エリアのビジネス英会話スクール

COLUMN

JT

“英語の達人への道 : Episode #21” ポッドキャスト/人物紹介:  「UK vs US: Fancy an English Battle」とハリー杉山さん

 

 

これまで7回のEpisodeで「アメリカ英語 vs イギリス英語」と題して、アメリカ英語とイギリス英語の違いについて述べて来ました。

 

今回のEpisodeでは楽しく聞きながらアメリカ英語とイギリス英語の違いを学べるポッドキャスト

 「UK vs US: Fancy an English Battleを紹介します。

 

このプログラムはApple Podcastの英語学習カテゴリーの人気ランキングで毎週コンスタントに10~15位に入る人気番組で、イギリス英語の伝道師ハリー杉山さん【先生役】とラスベガスで育った【生徒役】のタレントのジェニーさんが、イギリス英語とアメリカ英語の表現の違いについてハッピーにバトルし合いながら面白おかしく英語を学んでいくラーニングコンテンツです。

それぞれの国で育った二人が、それぞれの文化・風習の違いを通して生きた英語を学ぶことが出来る内容になっています。

 

このプログラムはLesson 1から39がSeason 1で、Season 1ではイギリスとアメリカの文化や風習の違いが英語表現にどのように影響しているかを学びます。またLesson 40からがSeason 2となり内容をリニューアル、世界で報道されているゴシップニュースやトピックスをピックアップし、ニュースの文中に出てくる英語表現にフォーカスして学んでいきます。

現在までLesson 92までありますので、まずLesson 1から聞いて下さい。

 

これまでのEpisodeで紹介してきた「アメリカ英語 vs イギリス英語」以外で、実際の生活や文化に関連したトピックスでの違いを勉強することが出来ますし、特に発音について楽しく勉強してみて下さい。

 

 

ところでこのプログラムに出演しているハリー杉山さんはテレビやラジオで活躍するマルチタレントで、最近でもTBSの「世界ふしぎ発見!」に世界の城好きミステリーハンターとして出演されていました。

 

ハリーさんはイギリス人の父と日本人の母の間に生まれたハーフで、本名は「杉山ヘンリー・アドリアン・フォリオット・スコットストークス」と長い名前の持ち主です。

 

実はハリーさんは第5代イングランド王「エドワード1世」の末裔にあたる由緒正しい英国貴族のご子息ということです。プロフィールによるとストークス家の人々は代々、オックスフォード大学かケンブリッジ大学に通うのが当たり前だったそうで、ストークス家200年の歴史の中で初めてオックスフォード大学を落ちたのがハリーさんということです。

 

そんなハリーさんですが、日本語、英語、中国語、フランス語、韓国語、ラテン語の6ヶ国語を完全に話せるマルチリンガルです。大学入学まではイギリスで上流階級が通うパブリックスクールで育ちましたので典型的なイギリス英語(RP)を操つることが出来ます。イギリス英語の発音を勉強したい方には最適なプログラムです。

 

 

 

 

ハリーさんご自身のYouTubeでも「イギリス英語 vs アメリカ英語」に関する動画など、様々な話題を取り上げています。

YouTube: 「Hang out with Harry ハリ山チャネル」

 

 

その中で「イギリス英語特集」では女王陛下の英語やイギリス映画、文学作品を紹介しながらイギリス英語の特徴などを紹介してくれます。

またご自身が大ファンであるフットボール・プレミアリーグのアーセナルのことや、イギリス紳士のスポーツの1つであるクリケットの魅力などについても熱く語ってくれています。

 

イギリス文化やイギリス発祥のスポーツにご興味のある方は是非サイトをご覧下さい。

 

 

<今日のビジネスで使えることわざ>

“早起きは三文の徳”

「The early bird catches a worm.」

 

JT

CONTACT US

お電話・Webフォームから
お気軽にお問い合わせください!

無料体験レッスン 個人向け お問い合わせ 企業向け お問い合わせ