同じ英語であるにも関わらずアメリカ英語とイギリス英語でスペルや使う単語が異なるのは、英語の難しさであり、面白さでもあります。

 

その違いを学び、アメリカ人・イギリス人とコミュニケーションを取る際、相手に合わせて単語のスペルを変えてみるのも、文化への理解を示すひとつの方法ではないでしょうか?